毛細血管の末端はつまってしまう

身体の表面を覆う皮膚には、隅々に至るまで毛細血管が網羅しており、皮膚のあらゆる細胞に酸素や栄養を届ける通り道となり、細胞からでる不要の老廃物を排出するためのパイプでもあります。タバコを吸うと、化学物質の作用であらゆる毛細血管が収縮します。

そのために、毛細血管の末端はつまってしまい、栄養や酸素が通れなくなって肌の細胞は酸欠になります。酸素や栄養が隅々まで運ばれないので、表皮の機能は低下し、皮膚のバリアとしての力は弱ります。真皮もそれと供に機能を弱めてしまうのです。結果として肌の弾力や張りは少しずつ消えてしまい、肌の表面ではシワが増えていきますし、たるんでもきます。

喫煙の肌への害を考えると、やはり禁煙をオススメしたいところです。スキンケア(素肌がキレイじゃないと、どんなに上にメイクを重ねても美しく仕上がらないこともよくあるものです)方法としては、化粧水を使って乾燥したお肌にたっぷりと水分補給をした後、乳液を使ってお肌の表面に水分を逃さないようにバリアーをします。

それに、体の内側からも、潤いを与えてあげることが非常に大切なので、一日で2リットル程度の水を飲んでみるように努力してみてちょうだい。きちんと保湿をして、弾力のあるみずみずしいお肌を取り戻しましょう。キメの細かいみずみずしい肌といえば憧れの的ですが、このキメというのは肌の上に見られる皮溝という細い溝のようになった線と、皮丘という、皮溝で分けられた盛り上がり部分の連続によって、構成されています。この模様、キメが美しい肌というのは皮丘の部分が均等な形に揃っているのがわかります。でも、皮膚の構造として一番外側に位置する表皮がすっかり乾燥し、カサカサに荒れると、キメの模様は形を保っていることができず、崩れていきます。表皮が荒れ、そのバリアの役目をきちんと果たせないままだと、表皮に守られている真皮も、ダメージをうけてしまうことになります。真皮がダメージをうけてしまうと、真皮の働きは肌を支える土台ですから、土台が損傷をうけることで肌は支えを失い、表面にはシワができます。

美しい肌つくりに欠かせないのが「ポリフェノール」なのは有名ですね。

なんといっても、その最大の武器は「抗酸化作用」なのです。活性酸素の働きを抑えることで、シミの発生を抑えたり、いつの間にかできていたシミを消していってくれます。これは是非とも摂らなければと思う美肌の友ともいえるポリフェノールですが、欠点をあげるなら、その効果が発揮することができるのは3時間から4時間と短いことです。

なので、美肌つくりのために常に意識しながら生活すると良いですね。感じやすい肌だと化粧品を決めるにしても決めかねますよね。特に皮膚につける機会の多いクレンジングはなおのことです。

敏感なお肌な方にお薦めするのがクレンジング用乳液です。

これだと肌への影響が少ない。

品数が多いので、皮膚も突っ張りにくいですし、潤いも失われないままでいられます。肌を綺麗にすることと歩くことは全く関わりを持たないことのように実感されますが、本当は関係があると言われています。ウォーキングのときに姿勢を正しくすると、お肌へ血流が滞りなく流れるので、代謝が盛んになり美肌になれますし、高血圧や動脈硬化などの成人病にならないためにも良い結果がでています。スキンケア(素肌がキレイじゃないと、どんなに上にメイクを重ねても美しく仕上がらないこともよくあるものです)真っ最中にふと思いついたことがあります。個人的には大発見だったのですが、それは肌の質が柔らかければしわはできにくのかも、ということなのですが、いかがでしょうか。目尻にある細かいしわとか、ほうれい線とかがこれは仕方がない、と半分あきらめつつ、気になっていたワケですが、炭酸パックを試し初めてしばらく経ち、何となく、肌がしっとり柔らかくなってきた頃から細かいしわなどはいつしか気にしなくなってました。

炭酸パックがしわに効いたのかもしれないと勝手に思っています。

肌の表面の脂分が原因で汚れが吸着したり毛穴にダメージを与えたりすることも頻繁にあります。

このような肌トラブルを繰り返すと、シミやたるみを誘発させてしまいます。

その予防のために最大のポイントは洗顔です。たっぷりと泡たてた丁寧な洗顔を意識しましょう。

ただし、一日に何回もの洗顔は、反対に肌を傷めてしまいます。

乳製品のなかでもヨーグルトは、乳酸菌、ビタミンB、フルーツ酸などを多くふくむ食品です。乳酸菌は腸内で有害な物質の発生を抑え、お肌の健康を保つ働きがあります。ビタミンBはお肌のターンオーバーを活発にする役目を担っています。さらに、フルーツ酸は皮膚表面の角質層を緩め、角質層がはがれるようにする大切な作用があります。

このような栄養素の摂取がお肌のシミやくすみ対策の効果を持っています。シミを薄くするためにも、摂りたい食べ物です。加齢に伴って肌のたるみを感じてくるようになると思います。そのように思ったら、お肌の保湿ケアをしっかりやって、マッサージクリームなどを使いセルフケアをして、たるみがなくなるように努めましょう。

それだけでも、全く違うので、ちょっと面倒くさくてもやってみることを奨励しています。